美容施術の今│タトゥー除去も小顔もアンチエイジングも叶えるサロン

消す方法と負担

女性

最近、ファッションの一部として刺青を楽しむ人が多くいます。デザインも様々で、好きな絵や文字や言葉を入れることが出来ます。サイズも大きいものや小さいワンポイントになるもあり、自分が好きなデザインを選んで決めることが出来るので、お洒落として楽しめます。しかし、刺青を入れた人の中には除去をする人もいます。
特に多いのが女性で、結婚・出産を機に刺青除去を希望する人が多いと言われています。
もちろん一度入れてしまった刺青を消すとなると、費用がかかり、身体にも負担がかかります。なぜなら刺青とは肌に傷をつけて施すものだからです。
その為少しでも肌に負担が少なく、自分にあった除去方法を知り、しっかりクリニックでカウンセリングを受けてからする必要があります。刺青除去と言っても、様々な方法があり、レーザー、切除、剥削(はくさく)、皮膚移植があります。
レーザーは薄くて小さな刺青によく用いられます。切除は早く消すことが出来ますが、線を引いたような傷が残ります。剥削と皮膚移植は他の2つに比べて身体への負担が大きい分、傷跡がやけどのように残り、除去後のアフターケアが必要になってきます。
通常、このような方法だと除去手術後に皮膚を縫う(縫合を行う)のですが、クリニックによっては縫合をしないで抜糸や通院もいらないので、傷跡が目立ちにくくするような方法もあります。
さらに、デザインやサイズで治療法や治療にかかる時間、費用も変わってきます。
そのため、事前に相談をして、調べると良いでしょう。

Copyright© 2017 美容施術の今│タトゥー除去も小顔もアンチエイジングも叶えるサロン All Rights Reserved.